「おすすめできる本」 一覧

大不況はなぜ起きるか

 思想信条の立場に違いはあれど、経済に対してほぼ全ての人が願うことがあります。   それは、大不況が起きないことです。   大不況になれば、自分や家族が路頭に迷う可能性もありますし ...

金儲けをすることは悪なのか?

 突然ですが質問です。    お金の心配をすることなく一生を過ごせる人は世の中でどのくらいいるでしょうか。     世襲のボンボンや綺麗事を抜きにすれば、ほとんどいないで ...

なぜ差別的な言動(ヘイトスピーチ)をしてしまうのか?

 数年前のことでしょうか。   「もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました」という言葉をある政治家が国際舞台の場で語りました。   「グローバル化」の流れの中で人、物、金、が ...

頭のいい人とはどういう人なのか

「会社にしがみついて追われる人生では、もはやありません。」 「自分の人生戦略を抜本的に見直しましょう。」 「これから世の中は驚くべきスピードで変わっていきます。」   昨今、各種メディアで「 ...

SNSには孤独を埋める効果はあるのか。

 突然ですが質問です。あなたはSNSを使っていますか。   現代社会でこの質問に「ノー」と答える人はかなり少ないと思います。 特に若い人であれば、ほぼ全ての人がSNSに毎日触れて生活しているのではない ...

愛国心はないほうがいい理由

「今の日本人は愛国心が足りない。」    昨今、そのような発言とともに嘆息する方々がおられます。   「愛国心」が薄まったと考える理由はなんでしょうか。 例えば、それはグローバル時 ...

シュンペーターの名著『租税国家の危機』を要約してみた

2019/02/06   -おすすめできる本

本日は久々に名著紹介をしたいと思います。 要約もどきみたいなのを書かせていただきます。   取り上げる著書は、ヨーゼフ・シュンペーターの『租税国家の危機』です。   イノベーション ...

『イェルサレムのアイヒマン』の要約と感想

2019/01/03   -おすすめできる本

本日、読書会を開催しました。 その読書会で取り上げた著書がハンナ・アーレントの『イェルサレムのアイヒマン』という著書です。 彼女の『人間の条件』『全体主義の起源』と並んで不朽の名作に分類される一冊です ...

今マジで読むべきおすすめできる9冊の哲学に関する本

2018/12/21   -おすすめできる本

そういえばいろんな形でおすすめの本を本ブログでは書いてきましたが、実はおすすめの哲学書という形での本のご紹介をしておりませんでした。 哲学をメインで扱っているブログでありながら情けない限りです。 &n ...

今押さえておきたいカントの『純粋理性批判』に描かれる思想

2018/12/15   -おすすめできる本

一番長くて難解な思想・哲学というとどういう哲学をあげるでしょうか? おそらくロールズの『正義論』、マルクスの『資本論』、ハイデガーの『存在と時間』などが上がるでしょう。   それと合わせてよ ...

Copyright© 悲痛社 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.