「おすすめできる本」 一覧

福澤諭吉『学問のすすめ』を今こそおすすめする理由

2018/04/07   -おすすめできる本

今日は久々におすすめしたい本のご紹介をさせていただきます。 本日取り上げるのは名前くらいは聞いたことのある福澤諭吉の『学問のすすめ』を取り上げます。   ご存知『学問のすすめ』は当時の人口3 ...

今こそ読みたいハンナ・アーレント『暴力について』

2018/03/21   -おすすめできる本

今日も一冊最近読み返した本で印象的だったものをご紹介させていただければと思います。   取り上げるのはアーレントの『暴力について』です。 この『暴力について』は、代表作である『人間の条件』や ...

保守思想家マイケル・オークショット『政治における合理主義』がなぜ重要か。

2018/03/11   -おすすめできる本

ご無沙汰しています。   今日も一冊ご紹介できればと思います。 本日ご紹介するのはマイケル・オークショット『政治における合理主義』です。 タイトルからして興味を持たれないかもしれませんが、我 ...

グローバル時代にハイエクの経済学を読んでおくべき理由

2018/03/04   -おすすめできる本

今はグローバル時代と言われて久しいですね。   「グローバル時代が来たから英語を早期教育で学ばせないといけない」とか「グローバル時代だからアジアで稼げ」とかそういった言葉をしばしば見かけるよ ...

今こそ読みたいオルテガ・イ・ガゼット『大衆の反逆』の要約を書いてみた

2018/02/24   -おすすめできる本

ここ最近古典を紹介する記事を幾つか書かせていただいていますが、今日もまた書いていきたいと思います。   本日はオルテガの『大衆の反逆』を取り扱おうと思います。 要約を書きつつ『大衆の反逆』の ...

今だからこそ知っておきたいモンテスキュー『法の精神』の思想について

2018/02/17   -おすすめできる本

最近何回に分けて少し昔の本の思想を紹介しつつそれが極めて現代において示唆的であるということをご紹介させていただいております。   私学者ではありませんので、突っ込みどころ満載かと思いますが、 ...

ホッブズ『リヴァイアサン』の世界観と現代人を支配する思想の類似性

2018/02/04   -おすすめできる本

  ご無沙汰してます。   最近いろいろな思想書を読むことにふけるのにはまっているですが、どうもこういうことをしていると世間的には「逃避的」と思われてしまうようです。そう思われてし ...

ジョージオーウェルの『1984』が今こそおすすめの本である理由

2018/01/27   -おすすめできる本

    前回はエドマンド・バーク『フランス革命の省察』を現代の危機的状況を把握する上でおすすめとしてご紹介いたしました。 今日は、また一冊この時代の危機を予言する一冊をご紹介したい ...

保守思想の大家であるエドマンド・バークの『フランス革命の省察』を読むべき理由

2018/01/24   -おすすめできる本

今日から不定期で「今読むべきおすすめの本」として一冊ずつ多少丹念に紹介するという記事を書いていこうと思います。(自分で読み返すいい機会にもなるので)   私の極めて主観的なレビューと要約です ...

保守思想を学べるおすすめの本5冊

2018/01/13   -おすすめできる本

完全に独り言ですが、最近日本がおかしいなあという気持ちが加速度的に進んでいます。 だからそういう記事をたくさん書いています。私の肌感では何もかも腐り始めています。 今日もそんな調子で一筆書いていきます ...

Copyright© 悲痛社 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.