フォローする

8月8日より著書を書店にて発売中

時事

みずほ銀行が倒産するほどやばいと言われている理由

更新日:

最近企業の倒産や危機的状況を取り上げた記事がよく読まれておりアクセスも普段の二倍程度になっているため、関心が高いのだなと驚いています。

そこで、本日もそれに合わせて倒産が疑われている巨大企業について取り上げたいと思います。

 

その企業はみずほ銀行です。

 

 

みずほ銀行というと日本のメガバンクの一角を占め、「絶対に潰れない企業」と多くの人が考えている企業ではないでしょうか。

 

 

実際、私が大学時代に就職活動をした数年前ですら「みずほ銀行に行ったやつは勝ち組」「みずほ銀行に行けば将来安泰」と言われていたものです。

 

しかしながら、急転直下今みずほ銀行の倒産が叫ばれているのです。

本日は、みずほ銀行がやばい状況に置かれている理由について触れさせていただきました。

 

そもそもみずほ銀行の現状はやばいのか

まず、倒産するのでは無いかという一件が囁かれたきっかけは半年ほど前のことです。

みずほ銀行が巨額の損失を計上すると発表した件ですね。

東洋経済の記事を少し引用します。

決算期末まで1カ月を切った3月6日、みずほフィナンシャルグループは2019年3月期の連結純利益について、従来予想の5700億円から800億円に引き下げると発表した。有価証券売却損などで約1800億円、固定資産の減損損失で約5000億円をそれぞれ計上する。

『みずほ、「6800億円」巨額損失でも前向きのなぜ』 東洋経済オンライン 2019年3月7日

https://toyokeizai.net/articles/-/269676

決算自体は黒字で終えるとあるものの急遽6800億円の巨額損失を計上すると発表したのです。

この損失の内訳は低金利によるみずほ銀行の厳しい現状を物語っていると多くの人は考えました。

 

それは二つの角度から理解できます。

固定資産の減損損失5000億円

まず一つ目の金額がでかい方から見ていきましょう。

こちらは、主に不採算店舗の処理とシステム投資によるものだとみずほ銀行は発表しています。

今期カットオーバーした次期システム(構築コストは4,000億円台半ば)について、リテール部門に関わる部分の評価を見直した結果損失が生じた。一方、来期から見込まれていた償却負担(700~800億円規模)は大きく削減されるとみられる。

『みずほ銀行の未来は? サプライズ「巨額損失計上」の全舞台裏』現代ビジネス 2019年3月17日

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/63525

金額は一般人からすると途方も無い金額ですが、みずほ銀行としてはむしろポジティブなものと捉えているようです。

なぜなら、利用率の低いATMや不採算の店舗を一気に処理できたのもしかりですし、「サクラダファミリア」とも言われた巨大システムの大規模改修にも成功したからです。

 

特に後者は、長年の業界再編で色々な銀行のシステムが乗合になっており、非常に保守費用の高いシステムだったと言われていますから今後のコスト増大を軽減できるという意味ですぐに投資回収できるでしょう。

 

ですので、この5000億円の巨額損失自体はそこまでみずほ銀行レベルの企業であればきにする必要はありません。

 

有価証券売却損1800億円

続いて有価証券売却損で計上している1800億円の方を見て見ましょう。

こちらは投資銀行に騙されて詐欺まがいの金融商品を買ってしまった結果生じた損益だと言われています。

有価証券絡みの損失1,800億円は、外債やETF等の有価証券のロスカットや、デリバティブの取引先リスクにかかわるもの。みずほは昨年12月末の時点で、外債や投信等で2,555億円もの含み損(うち外債1,445億円)を抱えていた。

同上

デリバティブというのは投資銀行などが色々な債権を混ぜ合わせて売り出している金融商品で、CDSやCLOといった横文字で語られるものが有名です。(CDSはリーマンショックを引き起こした最大の要因とも言われており、本来であれば借りれない人に住宅ローンを組ませてそれを債権化して市場にばらまいたものだとされています。)

 

このデリバティブというのは端的に言えば「博打」です。

当たれば大儲けできるものの外せば大損をこくわけです。

 

これがまともな経済活動ではないと呼ぶのには理由があります。

 

リスクを事前に回避できるとうたった当の投資銀行リーマンショックでバタバタと倒れたからです。(メリルリンチ・リーマンブラザーズ・ゴールドマンサックスなど)

 

話を本題に戻しますと、みずほ銀行はその博打に手を出していて負けたということです。

 

 

一般的には銀行というお堅いところだから堅実な経営をと思っておられる方も多いかもしれません。

 

しかし、今やこのデリバティブに多くの銀行が手を出しているのです。

 

みずほ銀行より「お堅い」イメージもあるゆうちょや農林中央金庫も手を出していることはすでに広く報道がなされているところです。(https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-02-28/PNMHZS6K50XS01

 

ただ、こちらも痛いは痛いですが、そこまで深刻とは言えないように思います。

ドイツ銀行などのようにデリバティブをいくら持ってるかわからないというところまでは行っていませんし、デリバティブ単体で言えば、むしろ危ういのはゆうちょや農林中金でしょう。

 

倒産するとすれば引き金はソフトバンクの可能性大

海外メディアなどが報じるみずほの危険はむしろ別のところにあると言われています。

 

直近の決算では見えない情報も多々ありますが、みずほ銀行の倒産が実際に起こるとすればその引き金は「ソフトバンク」の存在にあると多くの識者は指摘しているのです。

 

 

ソフトバンクというのは日本でも屈指の借金を持っている企業ですが、そのメインバンクが実はみずほ銀行です。

 

同社は多額のキャッシュをソフトバンクに投入しているのはいうまでもないですが、ソフトバンクへの入れ込みようはその資金の貸し出し方にも見られます。

 

最近、ソフトバンクの借金が急速に増えているのですが、孫正義の持つ株をも担保にして融資をしているのです。

ブルームバーグの記事にあるグラフを見るとそのすごさがわかるでしょう。

  関東財務局に6月に提出された変更報告書によれば、孫社長の保有株式は、38%がみずほ銀行や大和証券など19金融機関に担保提供されている。今年初めの36%から微増となり、2013年6月と比較すれば3倍の水準だ。

『ソフトバンクG孫社長の保有株式、担保提供が増加-下落リスクも』 ブルームバーグ 2019年9月19日

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-19/PY1YY3T1UM0W01

 

この記事は、ソフトバンクに貸す資金が焦げ付きそうならば、孫正義の株式を多数貰い受ける権利をみずほ銀行は持っているということを説明しています。

 

 

ただ、これはとんでもないギャンブルをみずほ銀行がしていることはお分かりいただけるでしょう。

 

冷静に考えればわかることですが、ソフトバンクに貸した資金が焦げ付きそうな時点でその株式の価値は暴落していることは避けられません。

ですので、担保自体があってないようなものだということです。

 

 

仮に、ソフトバンクが倒産の危機となれば、もちろんみずほ銀行以外もダメージは受けるでしょう。

しかし、みずほがメインバンクである以上最も影響を受けることは避けられません。

 

 

融資の総額は不明ですが、アームの買収の時だけでも1兆円を貸し出したとあるため、数兆円は融資しているのは間違いないでしょう。

みずほ銀行はソフトバンクグループに英半導体開発大手アーム・ホールディングスの買収資金として最大1兆円を貸し出す。

『みずほ、1兆円融資の理由 ソフトバンクの英半導体買収』日経新聞 2016年7月19日

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO04981150Z10C16A7000000/

 

さて、このソフトバンクが今倒産の危機にあるということは以前別の記事でご紹介しました。

ソフトバンクは何がやばいのか?〜株価暴落で倒産の危機か・・〜

WeWork問題で燃え始めて同社の株価が急落したことは大きな話題となっていました。おさらいになりますが、WeWorkは孫氏が述べたように5兆円の規模があると言われていたのにIPOを前にして数千億の価値もあるかも疑わしいというのがバレた企業です。(出資詐欺に近い)

 

実はWeWorkは氷山の一角とも言われており値が怪しいIPO前の企業にソフトバンクは多額の投資をしています。

下記はWeWorkの詐欺がバレる前の記事ですが、当時氏は保有資産に27兆円の価値があると述べていたのです。

 SBGに対する融資は、最終的に中国電子商取引大手 アリババグループ の株式といった価値ある資産が担保する形となる。一方、ビジョン・ファンドの借入金はウーバーやシェアオフィス運営大手ウィーワークのような企業への出資が担保している。SBGは、保有資産には27兆円の価値があるとしている。

『ソフトバンク、「ジャンク級」でも貸したい銀行の事情』ウォルストリートジャーナル 2019 年 5 月 15 日

https://jp.wsj.com/articles/SB11086183603268184450204585302754080539816

 

しかし、ここのうちの一つの企業であるWeWorkが5兆円と言われたものが嘘であり、数千億あればいい方と言われているのを踏まえるとこの27兆円というのは非常に怪しいと言わざるを得ません。

 

 

その怪しいファンド会社に仲良しみずほ銀行はほかの銀行の追随を許さない規模で出資してるのです。

みずほ銀行がソフトバンクグループに対して「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の2号ファンドに最大5億ドル(約540億円)出資する意向を伝えたことが分かった。

『みずほ銀、最大500億円 ソフトバンクG2号ファンド』日本経済新聞 2019年7月27日

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47837660W9A720C1EA4000/

 

ここまでソフトバンクに入れ込んでいて、今後さらにこのファンドの評価額が幻想だと明らかになればみずほ銀行が倒産となっても全くおかしくないのではないでしょうか。

 

仮にみずほ銀行が倒産となれば

ここまで色々と書いたもののそれでもみずほ銀行が倒産すると言われてもあまりリアリティを感じてもらえない人が多いでしょう。

 

恐らく前回の金融危機で失業率は上がったものの大企業の倒産が多数発生したというほどではなかったからなのかもしれません。

 

 

しかし、前回の金融危機とは違い今回の日本はソフトバンクを筆頭に危ない金融領域に体をかなり突っ込んでます。

 

そこに多額の融資をしているみずほ銀行が危険とは無縁と考える方が非合理的なのはいうまでもありません。

そして、仮にみずほクラスがやばいとなるとそのほかの日本企業も相当数倒産となるでしょう。

 

それに向けて何か備えられることが我々にあるでしょうか。

正直ないと思います。

 

 

もちろん、日本は人口減少社会であるがゆえに失業率の面でも他国よりはダメージがマシかもしれませんが、廃業が増えれば少なからず非自発的失業も増えるでしょうし、大量にうけれている移民が問題を起こすといった違う危機への飛び火も考えられます。

 

できれば、私の予想が外れてほしいものですが、あまりにまずいデータが出てきすぎています。

-時事

Copyright© 悲痛社 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.