おすすめできる本 仕事について

金儲けをすることは悪いことなのか?

投稿日:

 突然ですが質問です。

 お金の心配をすることなく一生を過ごせる人はどのくらいの割合で世の中にはいるでしょうか。

 

おそらく世襲のボンボンか綺麗事を抜きにするならば、ほとんどいないでしょう。

 

多くの人が日々生きるために働かなくてはいけません。今の時代であれば生きるためにはお金が必要なのです。

 

 

 ただし、日本においては特に顕著ですが、多くの人にとって「お金を儲けること」に対してしばしばネガティブな視線を向けます。

 

例えば、「非営利であること」と「営利であること」という二つの言葉を聞いて前者に良いイメージを持つ人が少なからずいるでしょう。

しかし、金儲けをすること自体はそれ自体が悪いことではないのです。

 

それが悪いものとなる条件があるだけなのです。

 

 

本章では、ジェイン・ジェイコブズの『市場の倫理 統治の倫理』という著書を通して、「金儲け」という行為に対する我々のものの見方についてその一端をご紹介いたします。

 

金儲け自体を悪いものだと考える倫理観

 

 まず、金儲け自体を「悪いもの」とする倫理観にはそれなりの歴史があります。

 

古くは騎士道の時代にまで遡ります。

 

 

当時のヨーロッパでは『父系であれ母系であれ、・・・承認または職人、いわゆる職業に就いた者がある場合は、騎士にふさわしくない』とされたのです。何故ならば、騎士にとっては、『商工業は恥ずべき、卑賤な、汚染の源』という価値観があったからです。(p120)

 

 

この話はヨーロッパだけではありません。

 

日本においても『同じ規則、同じ罰が同じ時期の日本でも見られ』ました。

 

 

ジェイコブは日本のケースに就いて詳細には書いていませんが、おそらく士農工商と呼ばれるカースト制度を念頭にしているのでしょう。

 

 

 

歴史ドラマや小説を見る中で武士が農業をしたり、商業に従事したり、工業製品を作っているというのはあまり見かけません。

 

 

武士はそういったものから距離をとってこそ武士らしくあれるという「倫理」があるのだと考えられます。

 

 

 

 しかしながら、そういった商工業を批判していた倫理的と言われる人が何をやっていたかというと、『戦争、略奪、搾取、迫害、処刑、監禁、身代金目当ての捕虜拘束、農奴・借金農・奴隷を犠牲にしての土地独占など』だったとジェイコブは言います。

 

 

これが商工業に従事することと比して優れた営みでしょうか。

 

 

こう考えると商業蔑視には違和感が付き纏います。

 では、金儲けを忌避することを良しとする倫理感は何故根強く生き延びてきたのでしょうか。

 

 

彼女はこれに就いて、『統治者の仕事における道徳的意義に合致するところがある』と指摘します。(p126)

 

 

つまり、統治者に分類されるものたちは、取引を当たり前のように是とする商人たちとは異なり、取引から距離を取ること自体が「倫理的」な営みだったのです。

 

 

 

おそらく日本人でも金儲け自体を軽蔑する人はこの統治者の倫理に乗っ取っている可能性が高いでしょう。

金儲けを良いと考える倫理と悪いと考える倫理がある理由

 ジェイコブのここまでの主張をまとめます。

 

端的に言いますと、人間の善悪を決めうる「倫理」は一つではないということです。

 

ジェイコブの場合はそれについて「市場の倫理」と「統治者の倫理」という分類で説明を行いました。

 

 

前者は取引を行う事を「善」とし、後者は取引を行う事を「悪」とするものです。

 

 

ポイントは、「倫理」が二つあるというところもですが、それらはしばしば相矛盾する関係性にあるというところがポイントです。

 

 ところで、「倫理」は何故二つもあるのでしょうか。

 

一つに統一した方が相互に対立をもたらすことも非常に減ったと思えます。

 

 

この理由については、人間がそのほかの動物と根本的に異なるからだと言います。具体的には、『他の動物と同様に、人間は利用可能なものを見つけて採取し、縄張りを作る』だけではなく、『他の動物とは違って、人間は交換をし、交換のための生産活動に従事する』という側面があるからだと氏は指摘します。(p443)

 

 

 言い換えれば、『根本的に異なった必要充足の方法があるため、人間の道徳や価値にも二つの根本的に異なる体系がある』のです。(p443)

 

 

人間が採取し続けるだけで良い動物のままであったならば、統治の倫理だけで世界を回せたということです。

 

 ジェイコブのこの主張を見てくと社会対立の多くはこの倫理観の取り扱いを誤ったことに起因するといえるかもしれません。

 

例えば、『哲学者や宗教の教祖たちは、伝統的に個人の徳のある生活と特による支配のための道徳律をしばしば結びつけて』述べます。(p443)

 

これは、統治者の倫理に関わるものからすればまともなことを言っているわけですが、商業に関わる人からすれば綺麗事で役に立たないものだと感じるでしょう。逆についてもあるのはいうまでもありません。

 

 

 そういった相異なる倫理観がある世界においてジェイコブが促すのは、自らが職業人であるにせよ役人であるにせよ企業家であるにせよその時々でどういう倫理を選択するのが望ましいのかを自覚的に選択できるようになることなのです

 

社会の腐敗は倫理の混同から

 

 裏を返せば、状況に応じて使い分けるべき倫理を混同する、もしくは意図的に混同させると社会の腐敗がとてつもなく進むとのです。

 

例えば、統治の倫理に立つべき役人が「取引」を「善」としたとしましょう。これは「賄賂」に繋がるでしょう。

 

このような「不正」が横行すれば、まともな取引が成り立つ世の中でなくなるでしょう。

 

統治者が市場の倫理を優先すれば『卑劣で、恥ずべきこと、腐ったことで、汚いことだと』を社会に撒き散らすことになります。(p126)

 

 

 逆の場合も同じです。市場の倫理が求められる領域に統治者の倫理が強くなるとどうなるでしょうか。

 

政府企業などはいい例でしょう。

 

『どんな政府であるかにかかわりなく、政府企業が無駄、非効率、そして失望に終わるのはなぜか』というジェイコブの疑問は日本においても当てはまります。(p444)

 

 

 このような腐敗状況は我々が『相違を尊重する責任を引き受ける』決意によって回避されるでしょう。(p366)

 

 

 それぞれの倫理に入って来るべきでない倫理が入ってきたり、両者の倫理に上下関係が発生すると危険なのです。

 随分と話が逸れましたが、本題に今の話は絡んできます。

 

 

宗教家や哲学者が暗に主張してきたら金儲け自体が悪というのは誤りです。

 

実際、そういう人達ですら商業倫理により世の中が未曾有の発展をしてきたと否定するのは難しいでしょう。

 

しかしながら、それが無際限に拡張されることがあってはなりません。

 

あくまで統治を破壊するようなものでない場合に限るという但し書きがつくのです。

 

 

管理人は読書会を定期的に大阪とオンラインにて開催しております。
本ブログにて紹介した本などに興味のある方は下記のリンク先を見てみてください。 (バグで重複して表示されており不恰好で恐縮ですが、、)

-おすすめできる本, 仕事について

Copyright© 悲痛社 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.